2012年08月19日

矢田丘陵トレイル

うちのすぐ近くに矢田丘陵というのがあるのを知り、そこに南北に走る縦走路トレイルコースがあるというので、走りに行ってみた。

昨日、国道308号線を生駒方面に走ろうとしたら、その手前で思わぬアップダウンがあって、ヘバったということを書いた。

そうしたら、JogNoteでのむのむさんが「それは矢田丘陵ではないか。そこには南北に走りやすいトレイルコースがある。」と教えてくれた。

なるほど、そんな身近にトレイルコースがあるのか。矢田丘陵は生駒山脈の東側にある、最大でも標高300m程度の低い丘陵地。そこにあちこちトレイルコースがあるらしい。それは是非行ってみよう。

探してみたら、奈良県の公式ホームページに、矢田丘陵のハイキングマップがあった。これらをダウンロードして印刷。出来れば、もう少し大きい画像ファイルにするか、PDFにするとかして、もう少し拡大して細かく見られるとより良いんだけどなぁ。
矢田山遊びの森ハイキングマップ/奈良県公式ホームページ

トレイルコースへの入り口は何箇所かあるようだが、富雄に住んでいる私からすると、富雄川沿いの霊山寺脇から入るか、東生駒駅に向かう途中の帝塚山大学正門脇から入るか、が良さそう。今回は、帝塚山大学脇から入ってみることにした。

矢田丘陵 トレイルコース 入り口

帝塚山大学前は走っても車でも良く通っているが、トレイルコースへの入り口なんてあったか?と思って行ってみたら、これか〜。正門よりちょこっと東生駒寄りの駐車場脇。知らなきゃ絶対入って行かないよなぁ〜、ここ。言われてみれば、榁木峠(むろのきとうげ)を指す標識もあったのね。

矢田丘陵 トレイルコース 帝塚山大学脇

最初のうちは急な登り坂で階段が続く。ここは無理せずゆっくり歩きながら(^^;登って行った。

矢田丘陵 トレイルコース 帝塚山大学脇

ある程度登り切ると、走りやすいトレイル路が伸びていた。道幅はあまり広くはないが、一人で走るには十分。

それにしても、木々の間を走るトレイルは気持ちが良いなぁ〜。上は木々で太陽が遮られ、下が土だから、この暑い暑い夏の日でも汗だくにならない。昨日国道308号線を走った時は、あっという間に汗が吹き出して、バッテバテになったからな。それに、ロードだとキツい登り坂でも「歩いたら負け」みたいに感じてしまうが、トレイルだと不整地だから登りでも下りでも自然とスピードがゆっくりになり、歩いてしまっても気にしない。自然を楽しむつもりでのんびりのんびり。

矢田丘陵 トレイルコース脇 田園風景

帝塚山大学脇からのトレイルコースは、途中で「土地所有者の事情」とやらで一部区間が通行止めになっており、一度トレイル路から外れて市街地に出て、再び戻っていく部分があった。若干面倒くさいなぁと思ったが、その過程で美しい田園風景を見られた。これは綺麗だ〜。自然の中も良いけど、こういう田園風景の中もなんか心が洗われる気がする。

矢田丘陵 トレイルコース 国道308号線 交差点

再びトレイル路に戻り、急な登り坂を登ったりしながら走っていたら、突然前が開けて民家の並ぶエリアに出た。

ここが榁木峠。

ありゃ?ここ見覚えがあるぞ?それもそのはず、ここは昨日走った国道308号と矢田丘陵トレイルコースの交差点なのだ。
この写真で、正面に続く舗装路が国道308号。右から出てくる不整地が東生駒方面へのトレイルコース。

なるほど〜、やはり昨日私がバテバテになった国道308号は、矢田丘陵越えの部分だったのね?矢田丘陵は南北に細長く伸びる丘陵地で、稜線を走る部分ではあまり激しいアップダウンが無く走れる。なかなか快適なトレイルコース。だが、東西に越えようとすると、なかなか厳しい坂道になるようだ。この暑い季節、舗装路の国道308号のほうがより暑さを感じるだろうから、昨日潰れたんだろうな。

矢田丘陵 トレイルコース 国道308号線 交差点

ちょこっとだけ国道308号と重なった後、再び舗装路と不整地とに別れていく。右の舗装路の下りが南生駒駅方面へ続く国道308号、左の細い登りが矢田丘陵トレイルコース。

矢田丘陵 県立矢田自然公園

この後、しばらくけもの道のような狭い道を走る部分もあったが、そのまま走って行って、小笹ノ辻を通って、ようやく矢田山遊びの森・県立矢田自然公園に到着。

ここは車でも来られるらしく、ここを起点にハイキングなどをする人もいるようだ。綺麗なトイレもあったし、自販機もあったし、屋根の下で休める場所もあったし、一息付くには良いところだ。

矢田丘陵 県立矢田自然公園

東生駒というか帝塚山大学脇から南下すると、途中でトレイル路を外れなくてはならない部分があることもあり、キツい登り下りも何箇所かあるのだが、ここから先、松尾寺や法隆寺方面はあまり大きなアップダウンもなく、道幅も余裕があり、ハイキングやらトレイルランニングやらMTBやらを楽しむ人が多いようだ。

今日も、大阪の堺から車で来たという年配のご夫婦が、ここはお気に入りの場所で、年をとってからでも安心して歩けるから良く来る、と話してくれた。

ここは気持ち良さそうだ〜。


当初の計画では、矢田山遊びの森で一休みした後、松尾寺のほうまで走るつもりだったのだが、この時点で左足に靴ずれが出来てしまい、かなり傷んでいた。私は普段のロード用のランニングシューズ以外に、トレイル用の底やつま先が硬いシューズも持っているのだが、あまりトレイルランニングはしないもので、このトレイルシューズを履くのが久しぶりだった。なので、紐の絞め方がキツかったか、ちょっと硬くなっていたか、擦れてしまったようだ。絆創膏とか持って来れば良かったな〜。

ゆっくり走ったためもあり、体力的にはまだまだ走れそうだったが、痛みに耐えて無理に走る必要は無いかと、矢田自然公園から霊山寺方面に下山することにした。

が、ここから道に迷った(^^; 地図は手に持っていたのだが、地図と目の前の道とがフィットしない。追分梅林の横を通って霊山寺脇に出るはずだったのだが、どこでどう間違ったのか、一応富雄川沿いの県道7号線には出て来たものの、第二阪奈有料道路よりかなり下流側に出て来てしまった。第二阪奈を超えて霊山寺の方向に行くつもりだったのに。

霊山寺脇のトレイル路への入り口も分かりにくいらしいので、チェックしておきたかったんだが・・・。

まぁ、霊山寺も松尾寺も、また次回以降のお楽しみだな。


富雄川沿いに出て来て、舗装路になった瞬間に、地面から蒸し上がるような暑さ。やはりアスファルトからの輻射熱って凄いんだな〜。トレイルの中は気持ち良く走れたのに、残り数kmのロードが熱中症の危険を感じるくらいだった。

まだもう少し夏は続くし、このトレイルコースはうちからめっちゃ近いし、また来て見よう。

矢田丘陵 ランニング マップ

posted by ∴∵ at 15:08| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ランニングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
「奈良県トレイルコース」と検索したら、このページが出てきました。
生駒から矢田まで走る 走力は私には全然無いので、最後の矢田山周辺から 攻めていきたいな・・・と思いました。
Posted by at 2014年04月03日 18:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/287343594
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。