2012年08月13日

奈良燈花会と土砂降りラン

奈良燈花会を観に、自宅から奈良公園まで雨中往復

21.20 km 1h57m28s 10.8 km/h (05'32 /km)

8月5〜14日まで奈良公園で「燈花会」が開催されている。
http://www.toukae.jp/

知ってはいたが、なかなか夜に行く機会がなく、最終日の明日も雨の予報。今日は何としても行きたい!が、今日も予報では夜9時くらいから明日まで雨の予報。夜に燈花会をやっている間までは雨が降らずに持って欲しいなぁ。

1. どうせ電車も道も混むだろうし、2. 夜だし曇だから涼しいだろうし、3. 雨が降ってもむしろ気持ち良いだろうし、家のある富雄から会場の奈良公園までランニングで行くことに(笑)

夕方自宅を出発。すでに道が暗くなっているので、いつも帰宅ランで使っている高輝度懐中電灯を持って走る。気温はそれほど高く無いようだが、雨が降る直前の天気だからか湿気が高くて、かなり汗が吹き出す。

JR奈良駅近くに到達し、もうすぐ会場の近鉄奈良駅や奈良公園付近に着くという頃から、顔に雨粒を感じだし、あらら、早いなぁと焦る。

奈良燈花会 猿沢池
もう少し持ってくれ・・・という願いも虚しく、猿沢池の前に到着して興福寺の五重塔を見上げるビュースポットに到着した途端、
http://www.toukae.jp/area/area_sarusawaike.html
http://www.toukae.jp/area/area_gojyunidan.html
http://www.toukae.jp/area/area_koufukuji.html
ドッシャ〜とバケツをひっくり返したかのような豪雨。周りの観光客たちも慌てて東向商店街のアーケードに集中。

この奈良燈花会は、ろうそくの灯りが照らされるので、雨が降るとアウト。“多少の雨なら”そのまま見て回ろうかと思っていたのだが、あっという間に猿沢池から興福寺に至る階段のろうそくの灯りが消えて行く。これでは他の会場の灯りもダメだろうな〜。

仕方がなく帰りたいところだが、みんな考えることは一緒で、近鉄奈良駅は大混雑。浴衣でお洒落に着飾った人も多いし、優雅な夕涼みの趣きの中で、汗と雨に濡れたランニングウェアで混んだ電車には乗り込みにくいなぁ〜。

元より、“多少の雨なら”そのまま走って帰って来るつもりで、傘は持って来ていなかったので、しばらく迷う。が、意を決して土砂降りの中を再び走り出した(^^;

凄い雨で、雨が顔に叩きつけて前も見にくいし、暗い足元には各所に水たまりだし、どエライことに。が、期待?していた通り、行きとは違ってものすごく涼しい。一度全身ずぶ濡れになって開き直ってしまえば、冷たいシャワーの中で走り続けるので、走っても走っても体が熱くならず、とても快適。むしろ、家に着いて雨が体に当たらなくなった途端に、体がカッカと熱を持ち出し、冷水シャワーで汗を流し体を冷やした。

明日は一日雨の予報。夕方に雨が上がれば最終日の燈花会に再挑戦してみたいが、果たして・・・?
posted by ∴∵ at 23:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。