2012年07月22日

Garmin 310XTとUSB ANTスティック

USB ANTスティックを新たに買ってしまった。

私はランニングの時にGarmin 310XTを利用している。

ちょっとサイズは大きいが、その分見やすいし操作しやすいし、バッテリーの持ちも良いし、GPSの感度も良いし、気に入っている。これが無いともうランニング出来ないくらい。

このForerunner 310XTは、ランニングのログ・データを、ワイヤレスでPCに送信することが出来る。PCに受信機であるUSB ANTスティックを挿しておき、ANT agentソフトウェアを常駐させておけば、310XTを近くに持って行っただけで自動的にデータを取り込み、さらにはネット上のGarmin Connectにもアップロードしてくれる。特に操作不要で取り込んでくれるのはとても楽で便利だった。


ところが、最近310XTがなかなか認識されず、データをPCに取り込めないことがとても多くなって来ていた。310XT側の「DATA Transfer」設定をEnable <--> Disableにしてみたり、USB ANTスティックを抜き差ししてみたり、ANT agentソフトウェアを再起動してみたり、はたまたUSBドライバを再インストールしてみたり。でも、ごくたまにしか通信してくれない。

310XT側では間違いなく「DATA Transfer」設定はEnableになっているし、PCのデバイスマネージャーで見る限りUSB ANTスティックは問題無く認識され動作している。そして、全く通信出来ないわけではなく、何故かごくたまに通信出来る時があるのが悩ましい。ワイヤレス通信の場合は、送信側である310XTと受信側のANTスティックのどちらに問題があるのか見分けが付きにくいのが困る。

USB ANTスティックの挿し直しで回復することがあるので、ANTスティックの接触不良か動作不良を疑い、買い換えようかと思ったのだが、これ単体で7,000円超。お安くないなぁ。それに、もし310XT本体側の不良だった場合、新しいANTスティックは無駄金になる。う〜ん、どうしよ〜、一応走行距離や時間は本体のHistoryで見られるので、それで我慢・・・していたのだが、いい加減嫌になって来た。

そこで、無駄金覚悟で、ANTスティックを新しく購入してしまった。

届いた当日、新しいANTスティックをPCのUSBポートに挿入・・・した途端にANT agentが反応してデータの取り込みが始まった。うぉ、早っ!

あぁ、やっぱりANTスティックがダメになって来ていたのね?なまじっかデバイスマネージャーでは「正常動作」と出るしANT agentでも「アクティブ」と表示されるから、疑いきれなかった。早く新しいのを買えば良かった。とりあえずは買って満足。

いつもUSB ANTスティックは挿しっ放しにしていたけど、もしかするとこうすると常にGarmin本体を探し続けるから、劣化も早くなるのかな?取り込みしたい時以外は抜いておくことにするかね。
posted by ∴∵ at 12:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ランニングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/282103679
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。