2012年04月09日

REGZAテレビで録画した番組をパソコンのDVDドライブへダビング「DiXiM BD Burner 2011」

BD/DVDドライブの無い録画テレビから、LAN経由でパソコンのBD/DVDドライブへダビング出来る、DTCP-IP対応ソフトウェア「DiXiM BD Burner 2011」

私は自宅で東芝のREGZA Z2 (37inch)を使っている。テレビ単体で2番組同時録画+別番組視聴が出来るので、とても便利に使っている。一人暮らしで37インチだとかなり大画面だし、画質も良いし、気に入っている。

ただ、録画は外付けUSB HDDに出来るものの、Blu-rayやDVDドライブは無いため、残しておきたい番組をメディアにダビングして残しておくことは出来ない。基本的には録って観て消す用途。私はあまり録画番組を残すことをしないので、あまり光学ドライブを必要としていなかった。

それでも、残しておきたい・ダビングしたい番組は、どうしてもたまに出てくる。HDDに残したままにしておくと、残り容量を圧迫するし、HDD内で観たい番組を探すのが面倒になってくる。

テレビ単体ですでに十分録画は出来るので、ダビングのためだけにTV用のBD/DVDレコーダーは買いたくない。さてさて、何か方法は無いものか?


地デジを録画すると、その番組データには著作権保護がかけられているので、簡単にはパソコンへコピーしたりは出来ない。他の機器で再生したりダビングするためには、DTCPという著作権保護規格への対応機器が必要になる。それをLAN経由で可能にするのが、DTCP-IPという規格。このDTCP-IPに対応したソフトウェアを使えば、LANを介してREGZAで録画した番組をパソコンのBD/DVDドライブへダビング出来るはず。


しかし、なかなかDTCP-IP対応のソフトが無い中、DiXiM BD Burner 2011という物を見つけたので、使ってみた。

このソフト、ヘルプや設定項目がほとんど無く、公式サイトでもFAQなどの説明がほとんど無いので、困った時には自力解決かサポートへ問い合わせしか無いという、ちょっと不親切なところがある。あっさりダビングが出来れば良いのだが、問題が発生した時には嫌だなぁと思っていたら、案の定初期トラブル発生・・・。


インストール自体はいたって簡単。インストール後に起動すると、すぐに常駐してタスクトレイに入る。そこからメイン画面を起動しても、設定項目はあまり多くない。ビットレートを弄れるくらいか?

サーバー機能をONにするためには、BDやDVDの空メディアをドライブに入れる必要がある。私のPCはBDドライブは付いておらず、DVDマルチのみ。UDF2でフォーマットしたDVD-RAMメディアを入れると、無事認識し、サーバー・ステータスがONになった。


ここで、REGZA側に移り、HDDの中からダビングしたい番組を選んでダビングを選ぶと、見事DiXiM BD Burnerがダビング先に表示された。LANを介してちゃんと認識されたらしい。

後はダビングを開始するだけ・・・のはずだったのだが、何度やってもエラー連発で失敗。その際のエラー内容を見ると、「HDDの空き容量が不足しています」という物。地デジ番組はサイズが大きいため、HDDの容量を最大15GBくらい必要とするらしいが、う〜ん?私のHDDは十分空いているけどなぁ?

このソフト、設定出来る項目がほとんど無いので、どのHDDのどのフォルダに一時保存ファイルを作っているのか分からない。おそらく、著作権保護のために、あえて分からなくしているんだろうけど、だから他のフォルダや他のHDDに一時保存場所を移して試すということが出来ない。どうしたものやら?

と試行錯誤していて気が付いたのが、WindowsのTEMPフォルダの存在。そういえば、私は起動用CドライブにはSSDを使っていて、またメモリも結構大きめに積んでいるので、SSDに負荷をかけないためにも、WindowsのTEMPフォルダやブラウザのキャッシュなどは、メモリ上の仮想RAMディスクに移して使っていたのだった。さすがにRAMディスクは15GBも無い(^^; もしかしてこのせい?

TEMPフォルダを通常のCドライブに戻し、再起動したところ、「HDDの空き容量不足」エラーは出なくなり、無事番組がLANを経由してコピーされ、DVDにダビング出来た。これか〜。

しかし、このままだとSSDを酷使することになりかねないから、可能ならキャッシュ・TEMP用の別ドライブを作りたいところだな〜と思ったり。



これで無事DVDへダビング出来るようになり、DTCP-IPソフトとしては動くことが分かったのだが、運用上まだ1つ大きな問題が。

REGZAからPCへの転送が異様に遅いのだ。平均的には8〜12Mbps。速い時でも最大で24Mbps。遅いと4Mbps程度という時もあった。これで数GBある番組をダビングするのは、かな〜り時間がかかってしんどい。まだ5分程度の番組ばかり試しているのでマシなのだが、映画丸ごとダビングとかしたいとすると、これは実用的では無い。

これは、我が家のネットワーク環境のせいなのか、REGZA側かソフトウェア側かの技術的制約によるものなのか?

我が家では固定回線を引いておらず、スマホのWi-Fiテザリングでインターネットに接続しているため、パソコンもREGZAテレビもWi-Fiでスマホに接続している。規格上の最大速度が54Mbpsの11gを使っているので、実効速度が最大24Mbpsくらいなのは仕方がない気もするし、ルーターとして使っているスマートフォンのCPUパワーも貧弱なので、大容量のデータを転送し続けるのは負荷が大きいかもしれない。

試しに、PCとREGZA Z2を有線LANケーブルでハブを介してつなぎ、PCの無線LANをインターネット接続共有設定にして、いわばPCを有線LANルーター化して見たのだが、処理速度は全く変わらず。この共有設定では、結局無線LANが混じっているので、そこがボトルネックになってしまうのか?

有線LANルーターの下でパソコンとREGZAテレビを有線LAN接続したら、少しはLAN内の転送が速くなったりするのか?とも思ったのだが、残念ながらやはり全く改善無し。無線LANを外して有線LANのみにしても、速度は同じ。

う〜ん、REGZAからの読み出しなどがボトルネックになっている可能性もあるのかな?これ以上は弄る項目が無さそうかな?仕方がない。

逆に、パソコンとREGZAテレビ及びPS3が同一LAN内にあるので、パソコンをメディアサーバー化して、パソコン内の動画や写真をテレビ画面で映すことも原理的には可能なはずなのだが、この転送速度で実用になるのかな?

まぁ、録る専用にしかならないREGZA Z2が、転送速度の問題はあるにしても、光学メディアへのダビングが可能になるのは、悪くはないか。
posted by ∴∵ at 20:53| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | パソコン・携帯電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。ここでお聞きするのは間違いかもしれませんが、ちょっと困っているので。
記載されている設定について1点質問です。
私はテレビもPCもネットに接続していないので、ルーターではなくクロスケーブルで接続しています。REGZA側で接続テストを行うとDNSを設定するようにとエラーがでます。
DNSの設定はされているのでしょうか?
Posted by あっこ at 2012年09月10日 19:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。