2011年12月18日

石舞台ロングラン

33.07 km 2h57m59s run 11.1 km/h (05'22 /km)


ちょっと風が冷たく寒いが、天気が良く気持ちの良い日曜日。

以前に自宅のすぐ近くを流れる富雄川沿いを走った時、富雄川沿いに「奈良自転車道」というサイクリングロードがあるのを発見した。要所要所に案内標識が出ているし、道にも緑色の着色がされていて、分かりやすい。川沿いの多くの部分では車が入って来ないので、安心して走れる。

前回は法隆寺まで走ったが、さらにそこから南へ延々サイクリングロードが続いていて、端は明日香村の石舞台古墳まで伸びているらしい。これは是非走ってみたい!

ということで、今日は朝8時過ぎに自宅を出発。近鉄線で富雄駅→大和西大寺駅→橿原神宮駅と乗り継ぎ、さらにそこから奈良交通バスで石舞台古墳へ。ほぼ10時頃に石舞台古墳に到着。

先月に橿原神宮と石舞台古墳は散策しているので、今回は石舞台古墳の中には入らず。離れたところからちょっとだけ見える石舞台古墳のてっぺんだけ眺めて終了。

奈良市の公式サイトの中に、奈良市のウォーキング用推奨コースマップ大規模自転車道地図が掲載されている。この自転車道のPDF地図をプリントアウトし、持参。ただ、ほとんどのところで標識などの案内がしっかりしていたので、それほど地図に頼ることは無かった。

大和中央自転車道 始発地 石舞台

石舞台古墳の脇を流れる飛鳥川から大和中央自転車道がスタート。のんびり景色を楽しみながら走り出す。

橘寺

すぐに通るのが「橘寺」、聖徳太子の誕生の地だそうだ。へぇ〜。走るために前を通過するだけにしたが、今度は中も拝観してみたいなぁ。

ここから約6kmほど、飛鳥川沿いに大和中央自転車道を走る。そして、橿原神宮にぶつかるところで、飛鳥葛城自転車道と交差する。大和中央自転車道はここから西に数km進んで葛城川を北上することになるが、私はここで飛鳥葛城自転車道に乗り換えて、引き続き飛鳥川沿いを北上する。

飛鳥川越しに望む畝傍山

写真は、飛鳥川越しに望む畝傍山。

19kmくらいのところで、飛鳥川が大和川にぶつかる。ここで飛鳥葛城自転車道は東に折れて浄化センター公園で終点を迎える。私は逆向きに西へ折れて、曽我川沿いを通る大和中央自転車道に再開。再び北上を開始し、大和川を渡り、ここで富雄川沿いに入る。

23kmくらいまで来たところで、法隆寺のある斑鳩地区に到達。ここで大和中央自転車道は終点。途中飛鳥葛城自転車道に乗り換えてショートカットしたものの、石舞台から斑鳩まで、大和中央自転車道の始点と終点を制覇!

ここからも富雄川沿いのサイクリングロードが続くが、ここからは以前にも通った「奈良自転車道」に名前が変わる。

奈良自転車道は郡山近くで西に折れ、西の京の薬師寺や唐招提寺、平城宮跡へと続く。私は、ここで自転車道とはお別れし、富雄川沿いをひたすら北上し、自宅まで帰還。

合計およそ33km、約3時間。良いロング・ジョグになった。疲れたけど、気持ち良かったし、満足!



posted by ∴∵ at 15:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ランニングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/241168792
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。