2011年07月31日

英語で電話!&8月分家賃

今日は英語で電話しなくてはならない用事があり、これはいつになっても緊張する・・・。


もうすぐ7月が終わる。

今回のアメリカ出張では、短期又貸し賃貸アパートに滞在しているので、月額の家賃を支払う必要がある。7月分の家賃と敷金は私が渡米する前に友人から立て替えで支払ってもらっており、私が渡米後にその友人に立替分を払っている。

そろそろ8月分家賃を払わねばならず、そのためにはこの土日使うのが良さそうだが、一つどうしても乗り越えなくてはならない難関がある。大家さんに「電話」しなくてはならないのだ。しかも初めて会う相手に。

滞在3週間になり、仮にも英語環境の中でなんとか勉強も生活も出来ているので、それなりに英語力はあると信じているのだが、「電話」で喋るのはどうにも苦手。う〜ん、でも、大家さんはちょっと離れた別のところに住んでいるし、基本的に現金か小切手を手渡しでやり取りしているというから、少なくとも大家さんの都合を確認して、会わないといけない。うはは、これは精神的には大きなハードルだ。


さて、今日も仕事があったので、朝から大学へ。誰もいない研究室で独り黙々と作業。一息ついたとことで、いざ電話!!

電話口に出た人が大家さんであることを確認した上で、自己紹介をし、家賃を払いたい旨を話したのだが、どうも向こうの反応が悪い。言っていることが全然伝わっていない模様。あれれ?滞在しているアパートのこととか又貸し契約のこととか家賃のこととか、最終的には私の代わりに契約して7月分家賃と敷金を払ってくれた友人の名前を出し、あなたが貸しているアパートの賃貸部屋の事だよ〜と何回言っても、向こうは「???」な状態。こっちの言っていることが全然伝わっていない様子。

うわ〜、「電話」を恐れていたのがもろに現実になってしまった。自分はそんなに英語力無かったっけと少々凹む。

それでも、なんとか次第に分かってくれて、普通なら大家さんの家に来てもらうところだけど、あなたは車を持っていないからこっちから夕方に行くわ〜というところまで約束を取り付けた。やれやれ〜。時間的には5分もかかっていないんだろうけど、精神的にどっと疲れた。


その後、問題無く仕事をこなし、帰宅。約束の時間になって、予定通り大家さんが車で来訪。他のルームメイトたちも出て来て、大家さんと談笑したり小切手を切って家賃を払ったり。私もその輪に混ざって、現金で家賃を支払い、また大学で何を学んでいるのかとか話をしていた。さらに、退去予定日とか、その時の敷金の返金方法のお願い(小切手ではなくて現金でお願いね)とか、そういう必要事項についても話したのだが、あっさり通じて、笑顔で「分かった」と言ってもらった。

良かった〜、face to faceだとちゃんと通じるのか〜。少し英語に対する自信も取り戻した(^^;


やっぱり、電話では伝わりにくいというのもあるんだろうね。特に、今回電話したのは、友人から借りた安いプリペイドPHS。電話端末本体も安いそうで、確かに動作もノロいし、電波もあまり強くない。電話通話品質のせいもあったのかもね。いや、そうだと思っておこう!!


やったこととしては、朝に大家さんに電話し、夕方来た大家さんに家賃を払った、それだけなのだが、今日は物凄く素晴らしい仕事をこなした気分になったぞ(笑)



ビジネスのスキルアップにぜひ欲しい1台!専門用語、TOEIC、資格検定も充実 シャープ PW-A9000 Brain 電子辞書 ビジネスモデル

ビジネスのスキルアップにぜひ欲しい1台!専門用語、TOEIC、資格検定も充実 シャープ PW-A9000 Brain 電子辞書 ビジネスモデル
価格:29,500円(税込、送料込)

    120コンテンツ収録!暮らし、旅行、健康など日々に役立つ、楽しめる生活総合系モデル! シャープ 電子辞書 カラー液晶搭載 Brain PW-A7000

120コンテンツ収録!暮らし、旅行、健康など日々に役立つ、楽しめる生活総合系モデル! シャープ 電子辞書 カラー液晶搭載 Brain PW-A7000
価格:27,090円(税込、送料込)

    カシオ正規流通品/研究・翻訳、専門学習などに活用したい方に。CASIO 電子辞書 生活・ビジネス 「エクスワード」プロフェッショナル B10000 150コンテンツ収録

カシオ正規流通品/研究・翻訳、専門学習などに活用したい方に。CASIO 電子辞書 生活・ビジネス 「エクスワード」プロフェッショナル B10000 150コンテンツ収録
価格:59,800円(税込、送料込)



posted by ∴∵ at 06:49| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | ポスドク研究生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですよね。
「電話」で外国語を話すのは本当に勇気がいります。
私も中国短期留学で、2回やりました。
一度目は有名だという北京ダック専門店への予約の電話。日本人、韓国人、ロシア人、タイ人、ベトナム人の留学生の中で、なぜか私が予約を入れることになって、これは比較的スムーズにいきました。
もう一回は、日本に帰国する一週間前、帰国飛行機のチケットは取っているのですが、確実にその飛行機に乗って帰国するという「リコンファーム」を航空会社にかけなければならなかった時です。
相手の顔が見えないだけに、ちゃんと私の中国語でリコンファームが出来るかドキドキしました。
電話って本当に難しいですね。
Posted by mi-hu at 2011年07月31日 11:51
確かに顔の見えない「電話」は、国内でも好きになれません。その昔、新入社員時代に、営業の電話をかけさせられましたが、最後まで慣れませんでした。電話って、便利なようで、使いにくい所がありますね。
Posted by 偉智也 at 2011年07月31日 15:39
> mi-hu さま
そうか〜、お店の予約か〜。中国は知りませんが、アメリカだと店員のほうがお客さんより態度がデカくて偉そうなことが多いので、電話予約が必要だったりすると緊張しそうです。

> 偉智也 さま
そうそう、日本国内で日本語ですら、電話は厄介ですよねぇ。
Posted by ∴∵ at 2011年07月31日 21:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/217588024
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。