2011年07月24日

ルームメイトたち

アパートのルームメイトを紹介します。


sublet apartment roommates
犬のジンジャーちゃんと

sublet apartment roommates
猫のケーティー君です。


sublet apartment roommates
私が滞在しているのは、"apartment"とされている賃貸物件ですが、日本で考える「アパート」とは全く違い、普通の一軒家です。1階と2階は独立していて二世帯住宅のようになっており、1階には3つのベッドルーム、広いリビング、キッチン、シャワールーム、トイレがあります。そのベッドルームそれぞれに別の人が住んでいます。いわゆる「ルームシェア/ハウスシェア」という形態ですね。リビングやキッチンなどは共用で、それぞれ独立して自由に利用するようになっています。知らない人と一緒に住むというのは日本的な感覚だと奇妙ですが、今回のように2箇月半と微妙な長さの中期滞在の場合、家具や調理器具などを自分で買わずに使わせてもらえるのはとても助かります。


さらに、今私が滞在しているベッドルームには本来別の人が住んでいて、でも夏休みの間丸々2箇月不在にするので、その間の家賃を浮かすために「又貸し(sublet/sublease)」されています。アメリカでは基本的に賃貸物件は9月〜翌8月までの1年単位でしか認めない代わりに、又貸しを許可する条項が契約に含まれていることも多いんだとか。日本とはだいぶ事情が違いますね〜。私の場合も、大家さんと正式に「又貸し契約」を交わしています。私が渡米するのがちょうど夏休み期間だったので、学生の町だけに、あちこちでsublet物件情報が出ていました。アメリカでは大学には自分自身で学費を工面して行くのが普通で、そのために夏休み期間中は丸々住み込みで仕事をして学費を稼ぐというのは割とよくあることだそうです。まぁ、丸々海外に遊びにいく人もいるようですが。


今回のハウスシェアで条件に出されたのが「ペットもいるけど良いか?」ということでした。2人のルームメイトはそれぞれ犬と猫を飼っていて、彼らは家の中で気ままにくつろいでいます。2階の住人も1匹大きな犬を飼っています(写真はありません)。少しなごむ反面、元々土足で家の中を歩く習慣な上にペットがいるので、家の中がいつも汚いというのが欠点ですね。でもその分安くて、$350/月、今のレートだと¥28,000/月を割るでしょうか?


私は犬も猫も飼ったことがありませんが、妻は幼い時分から大学生くらいまでずっと犬を飼っていたので、今でも犬を飼いたいと言っているくらいですし、ここに来たら天国と感じるのかしら?(笑)



犬や猫などのペット臭やカビ対策にお徳用バイオミックス1kg(200g×5)、5年以上保存可能

犬や猫などのペット臭やカビ対策にお徳用バイオミックス1kg(200g×5)、5年以上保存可能
価格:14,700円(税込、送料込)

    床が傷つかない!ペットが滑らない!おくだけ吸着 おくだけ階段マット イヌ ベージュ 15枚入り

床が傷つかない!ペットが滑らない!おくだけ吸着 おくだけ階段マット イヌ ベージュ 15枚入り
価格:6,825円(税込、送料別)

      エムズワン 重曹クリーナー (1kg)

  エムズワン 重曹クリーナー (1kg)
価格:348円(税込、送料別)


posted by ∴∵ at 22:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ポスドク研究生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

英語で電話!&8月分家賃
Excerpt: 今日は英語で電話しなくてはならない用事があり、これはいつになっても緊張する・・・。
Weblog: Another Aquatic Zone
Tracked: 2011-07-31 06:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。