2010年09月01日

8月260kmと論文アクセプト

帰宅ラン

今日はまだ8月だが、週としてはもう9月モードで、そろそろスピード練習も取り入れて行きたい。ということで、今日は帰宅ランながらペース走。

東急多摩川駅から丸子川沿いに二子玉川まで5kmちょっと、約4分15秒/kmで走ってみる。このところずっとジョグばかりだったから、キツいだろうと予想していたのだが、思っていたよりずっと足が動く。おぉ、案外足に乗れているな。

二子玉川駅の前に出ると、さすがに人が多くて走れなくなるので、ここは無理せずゆるゆる多摩川河川敷までジョグでつなぐ。

多摩川河川敷に降りたところからまたスピードを上げてランニング再開。が、ここから先は足元真っ暗で、懐中電灯で前を照らしながらだから、意図せずではあるがさすがにペースが上がり切らず、4分30秒/kmくらいで走り続ける。これが4〜5kmほど。

この先、土手が砂利道になったところで再び大きくペースダウン。足元暗いので、転んだり足をくじいたりしてもつまらないから、ここは安全第一で。

砂利部分を抜けたところから、再びペースアップして4分30〜45秒/kmくらいで。30秒台で抑えたかったのだが、ちょっとヘバった(^^; 2.5kmほど。

ペース走部分が10〜11kmくらい、途中のジョグ部分が2箇所4kmくらい。帰宅ランでやる以上、このジョグ部分はどうしても入るから、今後ペース走部分を伸ばしたりスピードを上げたり出来るように頑張ろう。

でも、シーズン入りのペース走で自分の想像よりずっと足が動いたので、ちょっと安心。9月頑張れば、シーズンなんとか楽しめるところまで持っていけるかな?

今日で8月の総走行距離は260km。300kmに届かずだったが、靴擦れが化膿して腫れてしまい10日間ほど走れない日があったから、それを考えれば上出来。

9月は300km超えして、距離も質も上げていきたい。


ところで、帰って来てメールを見たら、飛び上がるほど嬉しいメールが入っていた。論文通った〜〜!!待ちに待ったアクセプト(受理通知)〜〜!!長かったぞ〜!バンザ〜イ!研究者に取って、学術論文が通るというのは、仕事が大きく一つまとまったということであり、一応認められたということであり、そしてそれが重要な業績になるので、何にも代えがたい喜びなのだ。うっひょっひょ〜い。

8月くらいから論文通りそうな気配だったので、通ったところで夏休み取ってやろうと思っていたら、なかなか結果が帰って来ず、結局8月中に取れなかった。途中だとすぐ返信しないといけないこともあるから、休み取りにくいんだよね。で、ようやく通ったところだが、来週に学会があるからその準備をしなくてはならないし、9月末のお彼岸の時期に富山へ墓参り行こうと思っているから、そこにさらに追加で連休作るのは仕事の都合上難しいし、う〜む。


科学英語表現19のツボ

科学英語表現19のツボ

価格:2,730円(税込、送料別)

    一流ジャーナルから学ぶ科学英語論文の書き方

一流ジャーナルから学ぶ科学英語論文の書き方

価格:3,675円(税込、送料別)

    科学技術英語論文英借文用例辞典

科学技術英語論文英借文用例辞典

価格:3,990円(税込、送料別)

posted by ∴∵ at 00:11| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | ランニングログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。Googleで検索しててこのブログを見つけました。サブスリーランナーなのですね。すごい!

私は4月からマラソンの練習を始めて、12月のホノルルに向けて練習中です。7月のサンフランシスコのハーフに練習のつもりで出たのですが、1:43:10と1マイル8分のペースをきってゴールできました。1マイル8分だとフルマラソンで3時間半くらいなので、それくらいが目標タイムです。

しかしながらここ最近(1ヶ月くらい)練習でのタイムが上がらないのです。7月には6マイルくらいだったら1マイル7分30秒ペースで走れていたのですが、今は1マイル8分を切れなくなってしまいました。これは疲れがたまっているのかどうなのか。必死で走っても8分切れないのです。以前はペースが遅くなってきたなーと思ったら8分くらいだったのですが。

体感的には全然健康なのですが、疲れというものは目に見えない、体にも感じないように溜まるものなのですかね。なにぶんにもこんなに長い間、長距離を走る練習をしたことがなかったもので、なんでも初めての経験なのです。

∴∵さんもこういった経験ありますか?またこういったスランプを脱出する良い方法を知っていますか?知っていらっしゃいましたらぜひ教えてください。

ボストンマラソンも出てらっしゃるんですね。私もゆくゆくはボストン・マラソン出てみたいです。

アメリカに住んでるのでマイルで練習してます。分かりにくかったら申し訳ないです。1マイル8分 = 1キロ5分ペースです。1マイル7分切って走るとフルで3時間くらいですね。
Posted by ky_la at 2010年09月10日 00:59
> ky_la さま

おぉ、ホノルルマラソンに向けてのトレーニング、素敵ですね。是非12月まで頑張ってください。

4月から走り始められたとのことで、そうすると夏のランニングは初めて経験するということになりますよね?

私の経験上、気温が高い夏には全くと言って良いほどスピードは出ません。アメリカだと広いですから、お住まいの場所の夏がどれほどの気温になるのか分かりませんが、暑い中で練習を積んでいらしているのならば、そのままのペースで焦らずに練習を続けるのが一番だと思います。

サブスリーに挑戦するにあたり、夏の時期に走り込もうとすると、練習しても練習してもスピードが上がらず、むしろ落ちるくらいで、数日休足日を入れても回復せず、精神的にかなりジリジリと焦った時期があります。しかし、その暑い時期にも地道に距離を踏んでいたおかげか、涼しくなる秋以降に自然と普段の練習でもペースが上がるようになり、冬のマラソン大会で念願のサブスリーにまで到達出来ました。

現在日本は酷暑で、本来そろそろ秋に向かってくれても良い時期なのに一向に涼しくならないので、トレーニング不足気味で、秋以降のマラソン/シーズンを前にかな〜り不安満載のこの頃なのですが、ひたすら涼しくなるのを待とうと、とりあえず体を動かすことだけを意識しています。

中には夏のマラソン大会を目指してコンディションを調整される猛者もいらっしゃいますが、少なくとも私は無理ですね〜。私の中では6〜8月はのんびり走るオフ・シーズンです。
Posted by ∴∵ at 2010年09月12日 00:04
英文校正・翻訳サービスUni-editと申します。

http://www.uni-edit.net/

よろしければご参照ください。

ご好評の「英語論文執筆のヒント」も無料で発行させていただいております。
Posted by uni-edit at 2013年10月04日 17:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161164106
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。